育毛シャンプーの前に

育毛と聞いて、まず思い浮かぶのは「育毛剤」「育毛シャンプー」ではないでしょうか。
育毛に興味がある方は、今、毛髪で悩んでいる方がほとんどだと思います。
しかし、毛髪が気になるからと、毛髪のみを大切にしていればいいのでしょうか。
頭皮のみを大切にしていればいいのでしょうか。
抜け毛や薄毛は頭皮の状態だけで起こるのでしょうか。
育毛シャンプーを使う前に、まずしなければいけないことがあります。
そのしなければいけないことは2つ。
まず、食生活の改善です。
頭と全く関係がないように思われますが、そんなことはありません。
現代人はファーストフードやジャンクフードと呼ばれるものが増えすぎて、 食生活が乱れがちです。
お手ごろなので気持ちはわかるのですが、毛髪にももちろん栄養は必要で、体内に取り込まれた栄養は様々な栄養素に変換されて、生体機能へと送り込まれていきます。
しかし、食生活が乱れると栄養素も乱れてバランスを崩します。
体内のあるゆる場所で 不具合が生じるので、生体機能が正しく働かなくなります。
そうなると、生体維持のために栄養素は、生命維持に必要なところから栄養素を送り こんでいきます。
すると、毛髪は優先順位が低いので、毛髪まで栄養が行き届かなくなり、抜け毛や 薄毛の原因となるのです。
ですので、食生活を見直すことは、毛髪にも直結に関わってくることになります。
髪の毛には海藻類がいいと聞きますが、海藻類ばかり食べていては食のバランスが 崩れてしまいますので、とにかくバランスのいい食事に変えていくことが抜け毛・ 薄毛の改善につながってくるのです。
そして2つ目がお酒とタバコをやめることです。
「そんなのやめられないよ」と声が聞こえてきそうですが、過剰の飲酒と喫煙は 健康に害を与えます。
すなわち髪にも害を与えるということです。
まず飲酒ですが、適度な飲酒は薬にもなると言われていますが、過剰な飲酒が髪に与える影響は大きく、髪の構成成分はクラチンと呼ばれるたんぱく質なのですが、 このたんぱく質を構成しているのがアミノ酸です。
アミノ酸は体内で分解されてエネルギーになるのですが、大量のアルコールを摂取すると 体内のアミノ酸のほとんどがアルコールを分解する方に回されてしまい、髪に必要な アミノ酸が行き届かなくなってしまいます。
ただでさえ優先順位の低い毛髪はアミノ酸不足の影響を直で受けてしまいます。
次にタバコですが、タバコが悪影響になる原因の一つとして「ニコチン」があります。
ニコチンは自律神経に刺激を与え、血管収縮を誘ってしまいます。
血管収縮されると、血液の量が減り、血行も悪くなります。
血行が悪くなると毛髪に 必要な栄養素を十分に送れなくなり、発毛力が落ちてしまうので、抜けやすい毛がはえて きたり、発毛自体が起こらなくなってしまうので、抜け毛や薄毛の原因になるのです。
と、飲酒と喫煙は健康面でもよくありませんので、毛髪だけに関わらず健康のことを 考えても止めたほうが賢明だと思います。
そして、飲酒と喫煙を止めた上で育毛に励む方が成果も上がるのではないでしょうか。
まずは、体質改善が必要ですよ。

育毛剤や、育毛シャンプーだけに頼っても良くないということがお分かりいただけましたでしょうか。

MAIN MENU