効率のいい育毛シャンプーの使い方

育毛シャンプーそのものの力をというのは「頭皮を健康にすること」です。
抜け毛がなくなる、薄毛が改善されるには、まず頭皮を健康な状態にすることが 前提です。
健康な状態というのは、汚れをキレイに落おして必要な油分を残すということなのですが、 育毛シャンプーは市販のシャンプーより、やはり価格が上がります。
それなら、育毛シャンプーの力をそれ以上にできれば、使っている価値は、 もっと上がりますね。
では、育毛シャンプーを効率よく使うにはどうしたらいいのでしょうか。
まずは「頭皮マッサージ」をお勧めします。
育毛シャンプーには血流の改善や血行促進の効果のある成分であるミノキシジルや 塩化カルプロニウムという成分や漢方や生薬に使われているセンブリエキスやチョウジ エキスなどが配合されているものがありますので、頭皮マッサージをすることで、 さらに血流がよくなりまずし、頭皮の奥の汚れを搾り出したりと、育毛シャンプーと 併用することで効果がアップすると思われます。
頭皮マッサージで最も効果があるのは洗髪時ですので、入浴中は体も温まり頭皮も 柔らかくなりますので、頭皮マッサージと育毛シャンプーで効果アップが期待できます。
ただし、絶対にしてはいけないのが、「爪を立てないこと」です。
爪を立てると頭皮が 傷ついてしまい炎症を起こす原因にもなりますので、指の腹でマッサージするように 心がけましょう。
次にブラッシングが効果的だと思われます。
ブラッシングは、髪の絡まりをとるためではなく、頭皮にこびりついた汚れを 落としたり、古い角質を浮かせてシャンプーのときに落ちやすくするためにするものです。
犬のブラッシングもそうですね。
犬はブラッシングをしないと皮膚病になったりしますので、毎日のブラッシングは 欠かせません。
ブラシも、先が尖っていないもので、静電気を発生させにくいものを選びましょう。
先が尖っていると、頭皮が傷つき炎症の原因にもなりますし、静電気は髪の表面を覆う キューティクルを痛めて毛髪をパサパサにしていまいます。
最近は、静電気防止加工のブラシが多くなってきましたので、その中で先の尖っていない ものを選びましょう。
そして、意外と知らない方が多いのですが、髪が濡れている時のブラッシングは 髪のキューティクルを傷つけてしまうので、濡れている時のブラッシングは避けて ください。
あと、ブラッシングは力を入れてゴシゴシするのではなく、絡まりやすい毛先から ゆっくりとかすようにしましょう。
毛根から一気にブラッシングをすると絡まったところでひっかかり髪が痛んでしまう ので、毛先をゆっくりとかしてから全体にするようにしましょう。
ブラッシングの基本は「髪と頭皮を痛めない」ことですので、覚えておいてくださいね。

MAIN MENU