育毛シャンプーは海外のも同じ?

今、育毛シャンプーの数は数え切れないほどになりました。
国内だけではなく、海外の育毛シャンプーもとてもたくさんあります。
いろいろな国でいろいろな育毛シャンプーが作られていますが、育毛シャンプーは 国内のものも海外のものも同じなのでしょうか。
その国その国でやはり成分や仕組みが違ってきます。
たとえば、ブロンドの髪の人を、私たち日本人のような黒髪の人では髪質も 仕組みも違ってきます。
ですので、その国その国で髪質に合わせて作られていますので、やはり成分も 変わってきます。
海外の育毛シャンプーには医薬品扱いのものがあり、国内の一般の育毛シャンプーより 強力なものもあります。
もし、国内製品で何となく効果がない場合は、海外の製品を試してみるのも いいかもしれませんが、国内の商品は日本人の髪質に合わせて作られているので、 国内製品を使う方が安心だとは思います。
国内製品で効果が感じられない場合に、すぐ海外製品を使うのではなく、なぜ 効果が感じられないか考えてみてくださいね。
育毛シャンプーの特性を間違えていても、効果が得られないと思いがちですので、 少し説明しますと、育毛シャンプーは発毛させることが目的ではありません。
育毛剤の栄養を毛根や頭皮に与えるには、まず頭皮がきれいでないと栄養は入り ませんので、育毛シャンプーで毛穴の奥の汚れを落として、必要な皮脂を残して 余分な皮脂を洗い流すことが目的です。
そうすることで、栄養を頭皮に与えることができます。
そして、育毛・発毛の邪魔をしているのは、頭皮の健康状態だけではなく、 体内から改善することも大切です。
食生活の改善も必要です。
髪は人体の生命維持の中での優先順位が低いので、 栄養が行き届きにくいのです。
ですので、きちんと栄養を取って、毛先まで栄養がいくようにすることが大切 ですね。
そして、過度の飲酒や喫煙も血流が悪くなったり、アミノ酸が不足して発毛しにくく なってしまいますので、飲酒や喫煙も控えるべきです。
こうした体内からの改善をして、育毛シャンプーを使ってもまだ改善されないのであれば、 海外の製品を試すのも良いかもしれませんが、海外の製品を試す場合は医薬品扱いの ものがありますので、注意が必要ですね。

MAIN MENU