育毛シャンプーの正しい使い方

育毛シャンプーは今では当たり前のようになってきました。
抜け毛や薄毛が気になる方だけではなく、ヘアケアとして使われている方も いらっしゃいます。
そんな育毛シャンプーですが、正しい使い方をしなければ効果は上がりません。
皆さんは正しい使い方をご存知ですか? まず、洗い方ですが、これは一般的なシャンプーにも言えることですが、爪をたてて ゴシゴシすると頭皮を傷つけてしまいますので、洗う時は指の腹を使い、マッサージ するように洗います。
指の腹で頭皮をいたわるように、なおかつ汚れはきっちり落ちるように洗うことを 心がけてください。
そして、1日1回育毛シャンプーで頭皮を洗うことです。
洗いすぎはよくありませんが、1日回は必ず育毛シャンプーを使って洗いましょう。
そして、これは使い出してびっくりするかもしれませんが育毛シャンプーは泡立ちの 悪いものがほとんどです。
今まで一般のシャンプーを使われていた方からすると、きちんと汚れを洗い流せている のか、不安に感じるかもしれませんが、無駄に添加物を入れていないので、泡立ちが 悪いのです。
きちんと落ちていますので、ゴシゴシこすらずにやさしく洗いましょう。
そして、意外と忘れがちなのが、きっちり洗い流すこと。
いわゆる「すすぎ」をしっかりすることです。
育毛シャンプーで汚れや余分な皮脂を洗い浮かせたら、きっちり流してください。
ここで、「すすぎ」が不十分だと汚れや皮脂が残り、また毛穴を塞ぐ原因になりますので、 きっちり「すすぐ」ということを覚えておいてください。
育毛シャンプーの栄養が洗い落ちてしまうのではないかと不安になるかもしれませんが、 大丈夫ですので、逆に洗い流さないと育毛シャンプーの栄養素を無駄にしてしまうことに なりますので、きちんとすすいでください。
あとは、これを洗髪の前にするだけでも違いますので、していただきたいのは ブラッシングをすることです。
よく、洗い終わった後にブラッシングをする方がいますが、これは×です。
髪が濡れている時にブラッシングをするとキューティクルが傷ついてパサパサの 原因になりますので、濡れている時はブラッシングはしないでください。
そして、洗髪前の乾いている時にブラッシングをすることで髪についている汚れを ある程度落とせますし、絡まりもなくなります。
髪の毛が絡まったまま洗髪すると髪同士の摩擦が大きくなり、これもキューティクルを 傷つけてしまいますので、洗髪前のブラッシングは意外と大切です。
以上の点に注意して育毛シャンプーを使うだけで、効果が違ってくると思いますよ。

MAIN MENU