育毛シャンプーの選び方

今では育毛シャンプーの数は数え切れないほどになりました。
種類が少なければ、自分にあったものを選びやすいのですが、こうも種類が多いと いったいどんなシャンプーが自分にあっているのかわかりませんね。
そこで、育毛シャンプーの選び方を少し説明したいと思います。
まず、自分に合ったシャンプーを選ぶには自分の頭皮の状態を知ることが大切です。
頭皮の状態を分けると、だいたい3つに分かれます。
まずは「乾燥タイプ」ですが、頭皮から分泌される油分(皮脂)が少なく頭皮がカサカサしやすい人が、このタイプです。
余分な皮脂は必要ありませんが、皮脂は頭皮を守ってくれる役目もありますので、不足すると外部からのダメージを受けやすくなり頭皮トラブルが起こりやすくなります。
次に「脂性タイプ」ですが乾燥タイプとは逆で皮脂が過剰分泌して頭皮がギトギト、 ベタベタしやすい状態です。
過剰に分泌された皮脂は過酸化脂質になり、毛穴に詰まったりなど、炎症の原因となる場合もあります。
最後に「普通タイプ」ですが、これは乾燥タイプとも脂性タイプとも違い中性的な状態 の方が、このタイプになります。
と、ここで自分の頭皮の状態をチェックしてみて今までお話した3つのうちのどのタイプになるのか確認してください。
次に、自分の頭皮の状態が分かればどのシャンプーがいいのかということになりますが、 育毛シャンプーにも大きく分けると3つの種類があります。
まず、「高級アルコール系」ですが、このタイプが市場で最も流通しているシャンプーです。
「高級」とは価格が高いという意味ではなく炭素数の高さを表しています。
炭素数が高ければ高いほど泡立ちも良く洗浄力も強くなるのですが、ラウレス硫酸や ラウリル硫酸という界面活性剤を使用しているものが多いので、洗浄力が強すぎる場合も あり、必要な油分が流れてしまうこともあります。
このシャンプーはどのタイプの方もお勧めとはいきませんが、価格も安価ですので、 市場で大きなシェアを持っているのだと思います。
次に「石けん系シャンプー」ですが、これは脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムという 石けん系の成分を界面活性剤として使用しています。
高級アルコール系より刺激は弱いですし、刺激が弱いのに洗浄力もありますので、 脂性タイプの方は、この石けん系シャンプーがいいのではないでしょうか。
ただい、石けん系のシャンプーはアルカリ性のものが多いので弱酸性の髪は洗髪の途中で キューティクルが開いてしまうことがあり髪がキシムと感じる方もいらっしゃいます。
もしキシムことが気になるようでしたらシャンプー後に酸性のリンスで髪の状態を 元に戻すこともお勧めです。
最後にアミノ酸系シャンプーですが、これは頭皮状態全タイプでお使いいただける商品 です。
このアミノ酸系育毛シャンプーは髪を構成しているたんぱく質のもととなっているアミノ酸を 海面活性剤に使用していますので、毛髪と同じような成分で洗うことができ、とても 低刺激です。
そのうえ必要な油分は残してくれますし、洗浄力もありますので、 このタイプは全頭皮タイプでもお勧めです。
特に乾燥タイプの方はとても頭皮が敏感になっていますので、このタイプのシャンプーが お勧めですよ。

MAIN MENU